0円住宅診断


住宅診断

床の軋みや、壁のひび割れなど不安ですよね? 国家資格を持つ調査のプロがしっかりと診断し 耐震性能、設備の耐久性や修復の有無など 末長く住めるようアドバイスいたします。

国家資格インスペクション資格者による調査で安心

既存住宅状況調査技術者とは

既存住宅状況調査技術者とは、平成29年2月に創設された既存住宅状況調査技術者講習制度による新しい技術者資格です。

宅地建物取引業法の改正により、平成30年4月より、中古住宅の売買の際に行われる重要事項説明に、既存住宅状況調査を実施している場合にはその結果について説明することが義務づけられました

この調査を行うことができるのは、既存住宅状況調査技術者の資格を持つ者のみとなっており、従来のインスペクターの資格では行うことができません。

この度、(一社)日本建築士事務所協会連合会では、この既存住宅状況調査技術者の講習実施機関として、国土交通大臣より登録されましたので、各都道府県の建築士事務所協会にて講習を開催いたします。

既存住宅状況調査(インスペクション)とは

既存住宅状況調査技術者が行う既存住宅状況調査(インスペクション)とは、構造耐力上主要な部分(基礎、壁、柱等)に生じているひび割れや、屋根、外壁等の雨漏り等の劣化事象・不具合事象の状況を、目視、計測等により調査するものです。破壊検査、瑕疵の有無の判断、建築基準関係法令への適合性の判定等は含みません。

先着10戸限定!住宅調査のプロによる診断が0円のチャンスです!

大地震などの災害が増え、外壁のひび割れなどがどのような状況か確認が必要ですが、防水対策だけで済むのか?家の耐久力が落ちているのか?という判断を行い適切なアドバイスをいたします。

インスペクション制度は無駄な施工を行い高額なリフォーム料を請求するような事をなくすために生まれた制度です。当社は健全な施工・リフォームのため、いち早く取り入れました。

一級建築士を含む優秀なスタッフが、家を末長く使い続けられるようご協力いたします。